ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 6件〜 10件表示

2016年4月20日 山野の日誌 【その他】

今年初のJRヘリ大会

こんにちは。

今週末は今年初のJR大会ですね!

千葉県木更津市にある遊ポート木更津で行われる「第二回関東地区ヘリ大会」。

4/23(土)がファンミーティングで、24(日)が大会となります。

去年は私が大会スタッフとして参加させて頂きましたが、今年は先輩の樽田さんが大会スタッフとして参加させて頂きます。

天気予報も晴れの予報ですので絶好の大会日和となることでしょう。

日中は気温が高くなるようなのでご注意下さい。



画像は私が参加しました去年の大会の集合写真です。

2016年4月6日 山野の日誌 【使い方】

XG14でオートランディングの設定

XG14でオートランディングの設定

こんにちは、サービス課の山野です。

先日、お客様から「XG14を使って飛行機を飛ばしているが、スロットルスティックを10%以下に下ろすとブレーキが入るようにしたい」と言うご質問がありました。

今回の日誌はXG14のオートランディング設定方法をご説明させて頂きます。

まず、ファンクションリストの1/3ページ「FLAP SYS」(フラップシステム)に入ります。

フラップシステムの1/3ページ目でブレーキ量を設定します。

お客様はNORM : 0%、MID : D 50%、LAND : D 100% で設定していました。



次にフラップシステム3/3ページ目の「AUTO THRO」(オートスロットル)の下にある「INH」にカーソルを合わせてダイヤルを押します。



ダイヤルを右に回して「10」にし、ダイヤルを押し込みます。



すると、NORM時にはこの設定は入りませんが、MIDかLANDにフラップで設定しているスイッチが入っている時にスロットルスティック10%以上でNORM、10%以下でMIDかLANDに入るようになります。

以上でXG14のオートランディング設定のご説明を終わります。

ありがとうございました。

2016年3月30日 山野の日誌 【使い方】

AXISで左右エレベーターのニュートラルを合わせる方法

AXISで左右エレベーターのニュートラルを合わせる方法

こんにちは、サービス課の山野です。

以前の日誌でAXISで左右エルロンのニュートラルを合わせる方法をご説明させて頂きました。

今回の日誌はその続きで、水平尾翼の機体でAXISのエレベーターのニュートラル設定方法をご説明させて頂きます。

例として送信機はXG11MVを使用します。

まず、ダイヤルを押しながら電源を入れ、システムリストに入ります。

システムリスト2/2ページ目の「X.BUS」に入り、BUS TYPEを「MODE.A」にして、「GYRO[ACRO]」に入ります。



2/2ページ目の画面右側(TAIL WING)が尾翼の設定になります。

尾翼設定の一番下にある「SYNC-TRIM」の右側の「+ RES −」RESにカーソルを合わせてダイヤルを押します。



ダイヤルを右に回すと「01」「02」・・・「10」と数値が上がっていきます。

数値を上げればトリムひとこまの動きが大きくなります。

※微調整の際には数値を下げた方が調整しやすいです。

任意の数値を入力して頂き、+か−にカーソルを合わせてダイヤルを押しますと、左右のエレベーターが互い違いに動作します。



さらに+か−を押すことでエレベーターの左右互い違いの動きが変化していきます。

左右のエレベーターが同じ高さになる位置まで調整して下さい。

次にエレベーターが尾翼に対して水平になるように設定していきます。

ファンクションリストに入り、1/2ページ目の「SUB TRIM(サブトリム)」に入ります。

サブトリムの「ELEV」に数値を入れていきます。



すると、左右のエレベーターが一緒に上下動作しますので、尾翼に対して水平になる位置まで調整を行います。

これで、エレベーターのニュートラルが設定できました。

ありがとうございました。

2016年3月22日 山野の日誌 【使い方】

RG812BPXを使用する時の注意点



こんにちは、サービス課の山野です。

以前、お客様から「RG812BPXを使用していて、サーボが全く動作しない」と言うご質問がありました。

RG812BPXはPWM出力モードXBUS出力モードの2種類の出力モードが選べます。

お話を伺っているとお客様はXBUSを使用しないとの事でしたが、受信機は緑のLEDが点灯している状態でした。

バインドプラグを「MODE / SENS」の端子に挿し、バインドする事でPWM出力モードとXBUS出力モードを切り替える事ができます。



RG812BPXに緑のLEDが点いていればXBUS出力モード、点いていなければPWM出力モードです。



RG812BPXに緑のLEDが点いている時、THRO〜AUX3までのチャンネルはXBUSポートとなります。

なので、緑のLEDが点灯している時、PWMの出力は無いと言う事になります。

お客様はXBUSを使用しないのに、受信機がXBUS出力モードになっていたのでサーボが動かないと言う事が分かりました。

バインドプラグを「MODE / SENS」の端子に挿し、再度バインドして頂く事で解決しました。

余談ですが、RG612BX、RG613BX、RG712BX、RG731BX、RG812BX、はXBUSポートが独立してあるため、XBUS出力モード(緑のLEDが点灯)になっていても、各チャンネルポートからはPWMの出力が出ています。

2016年3月9日 樽田の日誌 【使い方】

A109Powerスケールボディの引き込み脚設定

こんにちは、サービス課の樽田です。

以前にも似たような事をお話ししたのですが、E6-550にスケールボディを取付けた時の引き込み脚サーボの設定方法を紹介したいと思います。

送信機はXG8を使いジャイロはTAGS miniです。

取説と同じ設定にしようとすると、引き込み脚サーボは受信機のAUX3からYハーネスで配線し、AUX2 SWを使って動作させるようになっています。

まずは、送信機のSYSTEM LISTの中のDEVICE SELを開きます。



その中の2/2ページのCH8(AUX3)のDEVICEをAUX2 SWにし、OUTをACTにします。



※AUX2 SW以外に使用したいスイッチがあればDEVICEにて使用したいスイッチに変更して頂ければOKです。

次にGTUNEでTAGS miniの設定をします。

まず、GTUNEとTAGS miniを接続し、オプション設定のSETTING2を開けて画面中央にあるAUX OUTの設定をします。

元々AUX CHはINHになっていますので、INHからAUX3に変更し画面右上の「書き込み」をして下さい。



以上の設定でTAGS miniのAUXに接続した引き込み脚サーボがAUX2 SWで動作するようになります。

参考にして頂けると嬉しいです。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。