ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 386件〜 390件表示

2011年10月7日 樽田の日誌 【トラブル】

トレーナ機能について その1

最近トレーナー機能についての質問が多かったので、僕も先輩に教えてもらいました。

現行のJRの送信機はそのほとんどが、ノーマルトレーナープログラマブルトレーナー(一部の機種ではパイロットリンクトレーナー)と言う2タイプのトレーナー機能をもっていて、その違いを聞かれる事が多いそうです。

まずノーマルトレーナーですが、これは今では当たり前になっているコンピュータプロポ以前のアナログプロポ時代からあるトレーナー方式で、親機、子機共に一つの機体を飛ばせるように設定して子機のモジュレーションをPPMにするやりかたです。

プログラマブルトレーナーの方は、親機の方で機体が飛ばせるように設定して子機側は何も設定せず(初期状態)にモジュレーションをPPMにするやりかたです。

どちらのトレーナー方式でも変わらないのが必ず「親機で機体に積み込んだ受信機が動く事」だそうです。

つまり、常に電波は親機から発射されると言う事です。

そして、子機から親機へはPPMの信号を送っていて、子機からは電波を発射していないので親機と子機の周波数(例えば2.4GHzと72MHz)や電波方式(例えばDMSSとDSMJ)が違っていてもトレーナーとして使えるのです。

実は、2.4GHz専用機(DSXシリーズやXGシリーズ)のトレーナージャックには何もしなくてもPPM信号が出て来ているそうなので、そのままで子機として使えるみたいですよ。





XG8は親機にすると、初期画面にトレーナーの文字が出ます。





子機はDSX9(トレーナジャックからはPPM信号が出ています)

2011年10月4日 樽田の日誌 【その他】

フライトショー初参加

こんにちは。

先日10月2日に三重県の伊賀市で行われた、第9回KFCフライトショーにブース出展のスタッフという形で参加してきました。

他社の方々も来られるイベントが初めてだったのですごく緊張しましたが・・・僕自身、すごく貴重な体験になりました

今までヘリや飛行機のフライトは数える程度しか見たことがなく、パイロン機やジェット機のフライト(すごい迫力でした)を初めて間近に見て、今まで以上にこの世界に強い関心を持ちました

スケールヘリや超大型RC飛行機も凄く格好良く飛んでいましたよ

天候も曇りで少し肌寒い1日でしたが、無事に終える事が出来て良かったです。

ちなみにですが、10月15・16日に千葉の幕張メッセで一般公開される全日本模型ホビーショーや、10月23日にはKMA淡路市・貴船模型飛行場(兵庫県・淡路島)で行われる、第8回JRスーパーフライトショーもありますので是非お越し頂けたらと思います。

詳しくはホームページにて確認して下さいね。




JRのブースです(左隣はK&Sさん。右隣はカシオペアさんでした。)




超大型RC飛行機(こんなのもあるんですね!!)

2011年9月30日 樽田の日誌 【使い方】

DSX11・11Xzeroのモデルデータの消去方法

こんにちは。

11chの送信機のモデルデータの消去方法を教えて下さいというお問い合わせが何件かありましたので説明したいと思います。

最初にシステムリスト(エンターキーを押しながら電源オン)の画面に入って頂きまして、モデルセレクトの画面で消したいモデルデータ以外のモデルを選択して下さい。(例えば、モデル1を消す時はモデル2に切り替えるとかして下さい。)

そして、システムリストの[COPY/ERASE](コピー/イレ−ズ)を選択しまして、[ERASE]の文字が白抜き文字になるまでダイヤルを回して頂きまして、ダイヤルボタンを押すとコピー画面からイレ−ズ画面に切り替わります。

そうすると、画面中央にモデルデータが1つ出てきます。(画面の右上には使用中のモデルナンバーが表示されていますが、そこにはダイヤルを合わせることは出来ません。)
そのモデルにダイヤルを合わせてダイヤルボタンを押すと本体内に入っているモデルデータの一覧が表示されますので消したいモデルデータを選択して下さい。

消したいモデルデータを選択した後、画面左側に4つのボタンがありますので1番下のボタン(ファンクションキー)を押して下さい。

そうすると、画面上に[ Are you sure? ](本当に良いの?)と言うメッセージが表示され画面の左端に[YES]と[NO]の文字が表示されます。

ここで[YES]表示の左横にあるクリアキー(上から3番目のボタン)を押すとモデルデータが消去されます。

この送信機は使用中のモデルを消そうとすると、オートウィザードが始まり新たにモデルを作成しようとするので苦戦する方が多い様です。

ですので、先に消したいモデルデータ以外のモデルを選択しておくのがスムーズに消去できるポイントだと思いました。

ちなみにXG8も同じシステムになっています。





使用しているモデルを消そうとしているので、オートウィザードが始まってしまいます。





使用しているモデルがモデル2なので、完全に消去できます。

2011年9月28日 樽田の日誌 【トラブル】

ヘリのラダーサーボの調整

最近、気になった事があるんですが、TAGS01を使ったヘリで、エンコンを一気に上げると機体が回転してしまうのですが・・・というお問い合わせがありました。

どんな事が原因でなるのか気になったので先輩に聞いてみました。

1つ考えられるのは、ラダーサーボの動きがジャイロの出す指令に追いついてないんではないかと言っていました。

ご存知の方も多いと思いますが、サーボホーンの先端と内側で何が違うかと言いますと、サーボホーンの内側にリンケージを繋げると、ラダーサーボの動作角が大きくないとテールローターのピッチ角も大きく変化しないということです。

逆に言えば、先端に付ける事でラダーサーボの動作角が少なくてもテールローターのピッチ角は大きく変化します。

つまりサーボホーンの外側を使った方がラダーサーボの動作角を少なく出来るわけなんです。

ラダーサーボの動作角が少なくなる事でテールローターのピッチ角が変化するスピードが速くなります。(サーボの動作角が半分になれば変化スピードは約2倍!)

そこで試して欲しい事があると言っていたのですが、ラダーサーボのホーンの穴位置を一つ外側に繋ぐという事でした。

注意して頂きたい事があるのですが、リンケージの取付け場所を外側にずらした時には、コントロールユニットのリミットボユームでリンケージが突っ張らないようにして下さいね。

それと、感度を少し下げないとハンチングを起こす事があるとも言っていました。

この作業をすることで、一気にエンコンを上げてもジャイロの指令が出てからラダーサーボが動作し、テールローターのピッチ角が変化するまでの時間が早くなるので、機体が回転する前に制御できるようになるみたいです。

トラブルの解決策として、こんなこともあるんだという事を知ってもらえたら嬉しいです。





ラダーサーボのリンケージ例

2011年9月22日 樽田の日誌 【その他】

TAGS01の推奨サーボについて

こんにちは。

先日の出来事を紹介したいと思います。

TAGS01の取扱説明書に推奨サーボが記入されていますが、それ以外のサーボ(アナログサーボ等)を使用しても良いですか?とのお問い合わせがありました。

ホームページ上の『よくあるご質問』にも記載されていますが、早い応答性と、強い保持力(トルク)を併せ持ったサーボが理想的みたいです。

これも先輩に確認したところ、スワッシュプレートの制御にもジャイロを使用しているので早い応答をするサーボが必要になるそうです。

また、しっかりと舵を抑える為の保持力(トルク)も必要と言っていました。

では、推奨サーボ以外の応答速度の遅いサーボや保持力の弱いアナログサーボを使った時、どういった症状が起こるか気になりますよね?

実はハンチングが起き易くなるそうなんです。

エルロンやエレベータがハンチングを起こすと機体が暴れてしまい、最悪は墜落してしまうと言う事にもなりかねません。

ですので、弊社がお勧めしている推奨サーボ(近々、バーレス専用サーボもリリースされるみたいです)をぜひ使って頂きたいと思います。

また、三軸ジャイロを使用するとエルロンやエレベータにも細かい指示がジャイロから出るのでその分サーボの負担が大きくなるそうなので、早めの充電とメンテナンスを心がけて下さいね。



TAGS01推奨サーボ




近日発売予定のバーレス専用サーボ(FBL-DS01)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。