ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 381件〜 385件表示

2011年10月24日 樽田の日誌 【その他】

第8回JRスーパーフライトショー

こんにちは。

10月23日(日)にKMA淡路市・貴船模型飛行場で開催された、JRスーパーフライトショーに行ってきました。

天気も曇っていて、朝は肌寒かったですが、お客さんもたくさん来られていましたよ。

来場者の車の誘導などを手伝っていましたので、午前中のフライトはあまり見れませんでした・・・涙

昼前くらいからブースに戻り物販をしつつ、フライトを見学しましたが、どれも迫力のある素晴らしい演技でした!!

昼過ぎには雨が降り、一時中断する場面もありましたが、すぐに回復して安心しました。

そう言えば、ホビーショーでも雨が降っていたような気が・・・汗

もしかして雨男なのか・・・?多分違います!!笑

キャンディドロップチャリティー抽選会でも盛り上がっていて、すごく充実した1日でした。

ちなみに、サポート日誌について2名の方に声をかけて頂きました

本当にありがとうございます。

まだまだ頑張っていきますのでよろしくお願いします。

関係者の方々、ご来場して頂きました皆様、ありがとうございました。



ブースの風景です。チャリティー抽選券をたくさん買って頂きまして、ありがとうございました。



キャンディドロップではたくさんの子供たちが、アメちゃんをいっせいに取りに行く場面も!!

2011年10月21日 樽田の日誌 【使い方】

トレーナー機能について その4

前回説明した「プログラマブル・ファンクション・トレーナー」では子機のミキシング等の設定は不要(要するに初期の何も設定されていない状態)とお話ししました。

今日、紹介する機能は「スレーブモード」です。

この機能は何かと言いますと、親機が「プログラマブル・ファンクション・トレーナー」で、子機として使う送信機にミキシング等が入った状態でも子機として使える機能なんです。

なぜかと言いますと、子機側を「スレーブモード」にするとミキシング等の情報は親機に伝わらず、ミキシング等が混ざっていないスティック位置の情報がDSCジャックから出て来ます

このスティック位置の情報はPPM信号で出て来るので、モジュレーションを変更する手間もなくなります

使用方法ですが、親機は「プログラマブル・ファンクション・トレーナー」として子機の方で操作したいスティックを自由に選びます。

子機の方は、トレーナー機能の画面で【MASTER】(マスター)から【SLAVE】(スレーブ)に切り替えるだけで準備OKなので、すごく簡単に使って頂けると思います。

子機として使う送信機に「スレーブモード」がある場合はぜひ一度試してみて下さい




エルロン・エレベーターを子機に渡すようにしたので、自動的にプログラマブル・トレーナーに切り替わります。



XG8の場合、スレーブモードでトレーナーコードをつなぐと、画面に【SLAVE ON】の文字が表示されます!!

2011年10月17日 樽田の日誌 【その他】

ホビーショー初参加

こんにちは。

10月13日〜16日に千葉県の幕張メッセで開催された、第51回全日本模型ホビーショーに行ってきました。

僕が参加したのは、一般公開日の15日と16日でした。

当日は天気もあまり良くなく強風でしたが、お客さんもたくさん来ていて盛り上がっていました

16日には世界選手権4連覇中の伊藤選手も参加して頂き、デモフライトでは大盛況でしたよ。

僕としては、お客さんと直接話しができ、貴重な意見もたくさん聞けたので良い体験になりましたし、また参加したいですね。

話しは変わりますが、僕だけ特別に名札をサポート日誌の背景にしてもらったのですが、ほぼ触れられる事無く終了してしまいました・・・

まだまだ頑張らないといけないですね。

今月の23日に行うJRスーパーフライトショーにも参加しますので、よろしくお願いします。



XG11・・・楽しみにされている方もたくさんいましたよ。



バーレスヘリ・・・ジャイロはもちろんTAGS01仕様です!!

2011年10月14日 樽田の日誌 【使い方】

トレーナー機能について その3

今回は、「プログラマブル・ファンクション・トレーナー」についてお話しします。

この機能はノーマルトレーナーとは違い、子機の方はスティックデータのみを親機に伝え、親機の設定で機体をコントロールする方式なので、子機の方でミキシング等の設定は不要になります。

例えば、子機の方でリバース設定が入力されていたりすれば、親機の方でもう一度リバースが掛かって逆舵になったりする事があります

この「プログラマブル・ファンクション・トレーナー」では、子機のスティクデータのみを親機が取り込みますので、スイッチ類の操作は親機でする事になります。

親機でトレーナー機能の画面に入ると、子機の方で操作したいスティックを自由に選ぶことが出来ます

操作方法は子機に渡したいスティックを【MAST】から【SLAV】に切り換えればOKとの事です。

親機と子機の機種が違っていた場合は、設定を合わすのも大変ですので、「ノーマルトレーナー」よりも、この「プログラマブル・ファンクション・トレーナー」の方がお勧めだと言っていましたよ。




ノーマルトレーナーの画面で、子機に渡したいスティックを1つでも選ぶと・・・



プログラマブル・ファンクション・トレーナーに切り替わります。

2011年10月12日 樽田の日誌 【使い方】

トレーナー機能について その2

前回に続いてトレーナー機能について、お話ししたいと思います。

まず、「ノーマルトレーナー」についてですが、前回の話しで親機、子機共に一つの機体を飛ばせるように設定する必要があります・・・と書きましたが、実際、送信機の機種が違うと設定を合わせるのは結構大変な事なのです。

もし、同じ送信機を複数所有されている場合、その送信機にトランスファー機能があればモデルデータを転送して使う事も出来ますので便利ですよ。

また、DSX9・DSX9Lim・9XII・9XIILimは、それぞれデータの互換性があるので機種は違いますが、トレーナーコードを使ってのデータ転送が可能なんだそうです。

また、「ノーマルトレーナー」と「プログラマブル・ファンクション・トレーナー」の切り替えは親機側のトレーナー機能の所で設定するようになっています。

あと、親機と子機の区別は電源スイッチをオンにしている送信機が親機になりますので間違えないでくださいね。




DSX9のデータを・・・




PCM9X11Limへ転送!!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。