ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 326件〜 330件表示

2012年5月25日 樽田の日誌 【トラブル】

アクロモードで・・・

こんにちは。

今回は、飛行機を飛ばしている方からのよくある質問を紹介しようと思います。

エルロン2サーボやエレベータ2サーボの設定をしたんですが、トリムを入力しても片側のサーボしか動かないと言うお問い合わせが結構あります。

実際に体験した方もいらっしゃると思うのですが・・・。

送信機はDSX9だったのですが、プログラムミキシングを使って2サーボにしていたみたいです。

以前、サポート日誌の方で「エレベータ2サーボの設定方法 その2」と言うことで、デュアルエレベータの設定方法をアップしました。

この場合、【SYSTEM M.】の中の【Wing TYPE】を使用してデュアル設定を簡単に出来ますし、トリムも2つのサーボに対して有効になります。

ですが、プログラムミキシングを使った場合は、スティックの動きには正常に追従しても、トリムには追従しないので、【Wing TYPE】の中のデュアル設定を使って下さい。



Wing TYPEの中で、2つ目のエレベータをGEARチャンネルに設定しました。



エレベータトリムを入力すれば、2つ目のエレベータチャンネルもちゃんと動きます!!

2012年5月22日 樽田の日誌 【その他】

第51回静岡ホビーショー

こんにちは。

5月17日〜20日まで、ツインメッセ静岡で第51回静岡ホビーショーが開催されていました。

僕は、一般公開日の19日と20日に行って来たんですが、ホビーショーも2回目の参加なので少し気持ちに余裕を持って望めました。

普段は、電話でユーザーの方と接する事が多いので、直接会ってお話し出来るのは本当に良い経験になりました。

電話では少し伝えにくいような事も、上手く伝えられたと思います

JRヘリ大会等に参加する事もあると思いますので、経験を活かせるように頑張りたいと思います。







こちらは、WEBラジオ「RC BAR AERO」の公開生放送の様子です。
僕も少し参加さして頂きましたよ。

それと、話しは変わりますが、昨日(5/21)の金環日食はご覧になりましたか?

僕はバッチリ観測してきましたよ。

しかも、ウルトラマンの日食グラスで。



日食を見ていたので家を出た時間が少し遅くなったのにもかかわらず、電車の乗換えでアクシデントが!!

乗ってはいけない快速電車に乗ってしまい、奈良まで行ってしまいました・・・汗

いつも、時間には余裕を持って出勤しているのでギリギリ間に合いました!?

いや、ギリギリアウトですね。

以後、気を付けたいと思います。

2012年5月16日 樽田の日誌 【チップス】

サーボモニターについて

こんにちは。

今回は、送信機の便利な機能を紹介したいと思います。

タイトルの通りサーボモニターです。

最近の送信機には、FUNCTION LISTの中にMONITORという項目があります。

ご存知の方もたくさんいると思うんですが、もしこの機能を使っていないなら是非使って欲しい機能です。

最初にこの機能を使用して頂きたいのが、機体のリンケージ調整をする時です。

このサーボモニターでは、サーボのニュートラル位置を液晶画面上で見る事が出来るので、リンケージをする前に確認してみて下さい。

ニュートラルが出ていれば、サーボモニターの画面上では、マーカーがセンター位置に表示されます。



他にも、送信機のエルロン操作をした時に、サーボが動かないような場合、このサーボモニターを見て頂ければ、エルロンチャンネルへ送信機からの出力が出ているかを確認できます

もし、エルロン操作をした時にエルロンのマーカーが動いていなければ、送信機でトラベルアジャストやデュアルレート等の数値が0になっている可能性があります。

あと、エルロンのマーカーは動いているのに、サーボが動いてない場合なんかは、サーボのトラブルや受信機への差込み位置が違っている事も考えられます

他には、サーボモニターを見ながら各舵の動作を見ることで、意図的に設定していないミキシングを発見する事も出来るんです。

このように、モニター機能を使うだけで、色々と送信機の情報が把握できるので便利だと思います。

ちなみに、トラベルアジャストやデュアルレート、トリム関係の数値を変更する事で、サーボモニターのマーカーの動作量やニュートラル位置も変わってきますので、是非確認してみて下さい。



エルロントリムを入力すると、このようにニュートラル位置も変わります!!

2012年5月11日 樽田の日誌 【チップス】

SGS01の設定について その2

こんにちは。

前回に続き、今回もSGS01の設定に関するお話しをしようと思います。

今日は、LMT(リミット)設定についてです。

このリミット設定には、L-LMT設定とR-LMT設定があります。

LとRは左と右を意味してますが、ここで1つ知って頂きたい事があります。

例えば、L-LMT設定だからといって、必ずラダースティックを左方向に倒して設定するものではないという事です。

実は、このリミット設定はサーボの動作する方向を基準としているので、ラダーサーボの取り付け位置や送信機の設定(リバース設定等)によっては、L-LMT設定でラダースティックを右方向に倒し、設定する事もあります

あと、本体の設定の後にサーボがほとんど動かない事があれば、リミット設定が上手くいってない可能性があります。

それは、サーボのニュートラル付近でリミット位置を設定してしまった場合です。

リミット設定の時、ある程度サーボが右か左に動くので、その位置から少しずつスティックをきって舵角を調整するのが、簡単に設定できるポイントになるので、参考にして下さいね。



リミット設定時、この様にサーボが動きます!!

2012年5月9日 樽田の日誌 【チップス】

SGS01の設定について その1

こんにちは。

最近発売されたSGS01ですが、このジャイロは使用する前に、本体の設定が必要になります。

設定方法は取扱説明書に記載してるんですが、その中にRUDD DELAY(ラダーディレイ)設定とBOUNCE DELAY(バウンドディレイ)設定があります。

お問い合わせで、この2つのディレイの働きを質問される事が多いので、今回はその説明をしようと思います。

まず、ラダーディレイ設定ですが、机上で機体を見ている時、テールロックが効いている状態だと、ラダーサーボがじわじわと、左右のどちらかに動いていく事があります。

これは、ラダーのニュートラルを厳しく判定している為に起きてしまう症状なんです。

ラダーディレイの設定値を大きくする事で、ニュートラル付近の舵が鈍くなり、サーボの動きが落ち着くんですが、設定値が大きすぎると細かな舵が入りにくくなってしまうので、好みに合わせて調整して下さい。

次に、バウンドディレイ設定ですが、この機能はラダーを止めた時に機体がピタッと止まらずに行き過ぎて戻ってくるような現象が出る(おつりの発生時)場合に使います。

設定値を大きくする事で、機体の停止のポイントを早くすることができます。

ただし、設定値が大きすぎると、逆に機体の停止が早くなりすぎて、思った所よりも手前で機体が止まってしまうので注意して下さい。

この2つのディレイですが、工場出荷時のディレイ設定値は最小ですので、その状態で1度飛ばしてみて、必要に応じて調整して下さい。



SGS01 値段の割には、高性能なジャイロですので是非お試し下さい!!



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。