ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 316件〜 320件表示

2012年6月29日 樽田の日誌 【チップス】

XG8の飛行機モードでチャンネルが足りない時

こんにちは。

大型の飛行機を飛ばしている方からの質問で、送信機はXG8を使っていたんですが、エルロン・エレベータ・ラダー・フラップの全てを2サーボで使う時、チャンネルが1つ足りないので何とか使える方法がないか聞かれました。

この場合、Yハーネスを使って足りないチャンネルを補う事が出来ます。

ただし、Yハーネスを使えるのはエルロンかラダーのどちらかになります。

なぜかと言いますと、エルロンとラダーは舵が入ると同調動作(同じ動き)でサーボが動き、エレベータとフラップは、逆転動作(互い違い)になるからなんです。



チャンネルの4と8がデュアルラダーで同じ動きをします。



チャンネルの3と5がデュアルエレベータで互い違いの動きをします。



Yハーネスを使った場合は、サーボは同じ動きをするのでエルロンかラダーであれば使う事が出来ます。

今回は、エルロンにYハーネスを使った時の設定例を載せておきます。

SYSTEM LISTのWING TYPE内でDUALの所に其々第二のチャンネルを割り当てて下さい。



上記の写真だと、
1スロットル
2エルロン(Yハーネス)
3右エレベータ
4右ラダー
5左エレベータ
6右フラップ
7左フラップ
8左ラダー
と言う感じになります。

エルロンかラダーであればYハーネスで代用出来ると言う事を知って頂けたら嬉しいです。

2012年6月27日 樽田の日誌 【チップス】

REG-015とスイッチハーネスについて

先日、ユーザーの方から質問されたことを紹介しようと思います。

それは、「REG-015にバッテリーを繋いだまま保管して良いですか?」と聞かれました。

僕もどちらか分からなかったので、先輩に確認してみる事にしました。

結論から言うと、REG-015のスイッチをオフにしてもバッテリーを繋いだままではいけないと言う事でした。

これは、REG-015のスイッチをオフにしても電気的にオフ(遮断)しているだけなので、制御回路の方に微弱電流が流れているからだそうです。



電気的にオフと言うのは、回路の中にFETと言うトランジスタを使って、そのFETのオン・オフで電気を流したり止めたりする仕組みです。

従来のスイッチハーネスの場合は、スイッチのオン・オフで物理的に接点を切り離しているので、コネクタを抜いた事と同じなので問題なかったんです。

微弱電流なので、フライト毎にバッテリーのコネクタを外す必要はないんですが、その日のフライトが終わったら必ず抜いておいて下さいね。

ご存知の方もたくさんいると思いますが、知らなかった人は参考にして頂ければ嬉しいです。

2012年6月22日 樽田の日誌 【チップス】

送信機バッテリーを簡単に取り出す方法

こんにちは。

送信機のバッテリーを外す時に、固くて外しにくいと感じた事のある方は結構いるんじゃないかぁと思います。

そこで、僕も入社して結構早い時期に先輩から教えてもらった技を皆さんに伝授したいと思います。

早速ですが、送信機(今回はDSX9を使用)の電池ブタをはずします。



次に、写真のように送信機を持つ手はバッテリーを押さえるような格好にして下さい。



そして、もう片方の手で送信機の裏側すみを軽く数回叩いて(トン、トン、トンって言う感じ)あげるとバッテリーが自分の重さで外に迫出してきます。



このやり方だと道具を使わなくても簡単に取り出せてすごく楽なんです。



リフェを使ったXG8やXG11なんかでは使わないですが、9XシリーズやDSX11等の送信機を使っている方は是非試してみて下さい

2012年6月20日 樽田の日誌 【その他】

こんな時こそ・・・

こんにちは。

今週に入ってから、なんとなく修理や電話でのお問い合わせが結構少ない気がします。

僕は、覚えないといけないことがまだまだあるので、先輩に教えてもらった事は出来る限りメモを取るようにしてます。

ただ、メモを取ってもノートにちゃんとまとめないと見る機会が少なくなってしまう事ってありませんか?

昨日は時間に余裕があったので、この機会にメモ書きで置いていたものをノートに書くことにしました。

結構な量を溜め込んでいたので、数時間かかっちゃいましたが・・・汗

こまめにノートに書くように癖を付けておかないと、後々大変な事になってしまうと実感しました・・・涙

僕は主に送信機関係の事を教えてもらっているんですが、そろそろサーボの修理等も挑戦していきたいと思っています。

ノートがまた増えますね。

覚える事は山ほどあると思うので、頑張っていきたいと思います!!



色々な事が書いてあるマル秘ノートです・・・笑

2012年6月15日 樽田の日誌 【その他】

リチューム電池の交換

こんにちは。

今回も修理についてお話ししようと思います。

少し前の送信機(PCM9XやPCM10X等)には、メモリバックアップ用のリチューム電池が付いています。

最近の送信機のメモリーはリチューム電池を必要としないフラッシュメモリと言うものに変わっています。

リチューム電池は5年をめどに交換が必要なので、修理にお出し頂いた送信機のリチューム電池が5年位経っている物は交換しているんです。



リチューム電池自体はCR2032と言う汎用のリチューム電池なんですが、少し特殊で基板にはんだ付けする為の足が付いています。



これを基板にはんだ付けしますが、その前に基板に付いているリチューム電池をはんだ吸い取り機を使って外します

はんだごてだけでは、取り外しに苦労しますので・・・汗

後は、リチューム電池を基板にはんだ付けして、交換日を記入したシールをペタッとすればOKなんです。



ちなみに、リチューム電池を外している間にお客様の大切なデータが消えたら大変なんで、作業前には必ずモデルデータのバックアップを取っているんですよ。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。