ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 256件〜 260件表示

2013年2月8日 樽田の日誌 【チップス】

サブトリムとデジタルトリムについて

こんにちは。

最近お問い合わせで、デジタルトリムとサブトリムにはどんな違いがあるのか質問されました。

サブトリムは主にサーボ個々のニュートラル出しに使う機能です。

ただし、ニュートラルにつられてサーボの動作角全体も一緒に移動していくんです。

その為、サブトリムの数値を大きくし過ぎると、場合によってはサーボの動作範囲を越えてしまい、舵に対してサーボが反応しない状態になります。

基本的には大きなサブトリムが必要な場合は、ホーンのセレーションを合わせなおします

それに対してデジタルトリムでリミットストロークトリム(L.S.T)を使っていれば、ニュートラル位置がずれるだけで最大舵角は変わらないんです。

ですので、基本的にサブトリムはリンケージの時に使用して、デジタルトリムはフライト調整に使用します。

他にも違いとして、ヘリのスワッシュミキシングや飛行機のウイングタイプ等のミキシングを使った時は、サブトリムは個々のサーボに対して働きますが、デジタルトリムは舵として働きます

ただし、デジタルトリムの設定でリミットストロークトリムからノーマルトリムに変えてしまうと、デジタルトリムを触った時、ニュートラルと一緒に舵全体が移動しますので気をつけて下さい。



XG8のトリムシステム画面です!!

2013年2月6日 樽田の日誌 【その他】

送信機のメモリー電池について

こんにちは。

送信機には、メモリバックアップ用のリチューム電池が入っている機種があります。



質問でも、リチューム電池の交換時期やどの送信機に使われているのかを良く聞かれますので、そのお話しをしようと思います。

まず、交換時期ですが目安は5年です。

5年経つとすぐダメになる訳ではないんですが、5年以上経過すると場合によっては電池から液が漏れ出す事があり、そのせいで基板がダメになる事があります。

基本、リチューム電池が入っているタイプのメモリーはバックアップの為に常に電圧をかけて置く必要があるんですが、電流はほとんど流れないので、7年とか8年とか経ってもバックアップエラーを起こさない送信機があったりする訳です。

次に、リチューム電池が使われている機種を紹介します。

アフターサービス可能な送信機では、PCM9X・PCM10X・X2610・F500には、リチューム電池が入っています。

それ以外のDSXシリーズ・XGシリーズ・PCM9X凝はフラッシュメモリと言うリチューム電池を必要としないものに変わっています。

1つだけ例外がありまして、PCM9Xに関しては2005年の2月1日から2005年の9月30日の間にPCM9X兇悗離▲奪廛如璽箸鮃圓辰PCM9Xは、その際にリチューム電池を取り外してしまっているので交換の必要がありません。





見た目はPCM9Xですが、アップデートされているものは画面にTYPE兇良充┐・・・!!

2013年2月1日 樽田の日誌 【使い方】

キャンバーシステムのディレイについて

こんにちは。

電動ヘリを飛ばす時のフライトモードディレイについて前回の日誌でお話しをしましたが、グライダーモードにも同じような機能があるので、XG11を使って紹介したいと思います。

PCM9X凝の送信機ではグライダーモードの時、FM Delay(フライトモードディレイ)と言う機能が入っていて、フライトモード毎にディレイ時間を設定出来ました。

でも、XG11やXG8のグライダーモードには、フライトモードディレイという機能は入っていません。

実は、キャンバーシステムと言う機能でフライトモード毎にディレイの設定が出来るようになっています。

設定方法としましては、システムリスト(エンターキー押しながら電源オン)のDEVICE SEL(デバイスセレクト)でフライトモードを設定します。



そして、FUNCTION LIST(ファンクションリスト)の1/2ページにCAMB SYSTEM(キャンバーシステム)とありますので開けて下さい。



画面左にフライトモードが表示され、フラップやエルロンのオフセット量を入力する項目が出てきますので、フライトモード毎にお好みの数値を入力して下さい。

そして、DELAYの所でディレイ時間を入力します。



そうする事で、フライトモードを切り替えてキャンバーが変わった時に機体の姿勢が一気に変わってしまう事がなく、スムーズにフライトモードが切り替えられるようになります。

参考にして頂けると嬉しいです。

2013年1月30日 樽田の日誌 【使い方】

フライトモードディレイ

こんにちは。

今日は、XG11を使ってフライトモードディレイの設定方法と役割を紹介しようと思います。

電動のヘリだと、フライトモードをノーマルからスタントに変えた時、モーターが一気に回ってしまいメインギアが欠けてしまったりする事があるみたいです。

フライトモードディレイは、フライトモードスイッチを切り替えた時に、フライトモードの移行をスムーズにする機能で、フライトモード毎に設定できます。

この機能を使えば、メインギアへの負荷を減らす事も出来ます。

設定方法は、ファンクションリストの2/2ページにF-MODE DELAYとあるので、そこにダイヤルを合わせて押して下さい。



そうすると、画面左上にフライトモードの表示があり、各チャンネル表示の横にはディレイ時間(0.1秒〜6.0秒)が設定できるようになっています。

フライトモード表示のNORMALにダイヤルを合わせて押すとフライトモードが表示されるので、STNT-1を選択して下さい。



そして、THROチャンネルのINHの所にダイヤルを合わせて押し、数値を入力します。



この設定だと、フライトモードをスタント1にした時モーターの動作にディレイがかかるようになっているんですが、ノーマルからスタント1の時にだけディレイがかかるのではなく、スタント2からスタント1へ戻した時もディレイが働きます。

これで、モーターが一気に回る事もなくなるので、メインギアへの負荷も減ります。

今回は、THROにしかディレイはかけてないですが、必要に応じて他のチャンネルにも使ってみて頂ければと思います。

2013年1月25日 樽田の日誌 【チップス】

送信機の便利な機能

こんにちは。

今日は、XG11(11XZERO)やXG8等の送信機を使った時、覚えておくと設定が楽になる機能を紹介したいと思います。

どんな事かと言いますと、スイッチをダイレクトに設定(割り当て)する機能です。

ちょっと、ピンとこないと思うので説明していきます。

送信機のデバイスセレクトと言う機能を使った時、チャンネル毎に使用したいスイッチやレバーを、自分の好みで割り振る事ができます。

スイッチやレバーを割り振る時には、スイッチ選択画面を出して使用したいスイッチの名称にダイアルを合わせて押せば割り当て出来るようになっています。



XG11のスイッチ選択画面!!



XG8のスイッチ選択画面!!



ですが、スイッチの名称だけではどのスイッチか分からない!という方もいると思います。

そんな時なんですが、スイッチ選択画面を出した後、実際に使いたいスイッチ(レバー)を動かして頂くと、スイッチ(レバー)の名称が分からなくてもダイレクトに設定する事が出来るので、間違えも少なくなると思いますし、すごく簡単です。



スイッチを切り替えると・・・



触ったスイッチが割り当てられます!!

ただ、プログラムミキシング等の機能の中にSW SELと言う項目があるんですが、これはスイッチの名称とそのポジションを選ぶようになっています。



スイッチポジションの指定が必要な項目では、デバイスセレクトみたいにダイレクトに設定する事が出来ませんので気を付けて下さいね。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。