ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 191件〜 195件表示

2013年10月9日 樽田の日誌 【使い方】

TAGS MINIの予備チャンネル

こんにちは。

最近のお問い合わせで、TAGS MINIのAUX接続ポートを引込脚として使用したいと言う話しがありました。

送信機はXG14、引込脚の動作はギヤスイッチで行う設定を紹介します。

ちなみに、ジャイロ感度はGEARチャンネルで使用しているものとします。

実はTAGS MINIとGTUNEを接続して、AUXチャンネルの設定を変更しないと使えないんです。

まず、TAGS MINIとGTUNEを接続し、オプション設定のSETTING2を開いて下さい。

AUX OUTの設定が出てくるので、AUX CHをAUX2に設定して下さい。

そして、画面右上の書き込みをクリックして設定を保存して下さい。



GTUNEでの作業はこれだけです!!

次に、送信機のシステムリスト(ENTキーを押しながら電源オン)の2/3ページにDEVICE SELがあるので開いて下さい。

更に、その中の2/3ページを開きます。

CH・DEVICE・OUTの設定が出来るので、7.AUX2:AUX2 SW GOVとなっている設定を7.AUX2:GEAR SW ACT

となるように設定して下さい。



      ↓



GEAR SW以外のスイッチを使用したい場合は、AUX2のDEVICEを使い勝手の良いスイッチに割り当てて頂いて構いません。

これで、設定はOKなので引込脚サーボをTAGS MINIのAUXポートに接続して動作を確認してみて下さい。

動作が逆の場合は、REVERSE SWで調整して下さい。

興味のある方は、是非お試し下さい!!

2013年10月4日 樽田の日誌 【その他】

アジャスタブルメタルホーンB V2

こんにちは。

今日は、アジャスタブルメタルホーンについてのお話しです。

本当は三重県のヘリコプター事業部の管轄なんですが、サーボホーンと言う事もあり、本社サービス課の方にも時々お問い合わせがあります。

アジャスタブルメタルホーンB V2はボールまでの距離が4段階に調整出来るようになっています。

お問い合わせでは、センターから穴位置までの距離がどれくらいあるかと言う質問でした。

写真のように、穴位置は内側から11mm・14mm・17mm・20mmになっています。



あと、ホームページの方にも参考にして頂ける所があります。

リンクを貼っておきますので是非ご覧下さい!!

アジャスタブルメタルホーン(リンク)

2013年10月2日 樽田の日誌 【その他】

便利アイテム!?

こんにちは。



いきなりですが、皆さん!!これ何だと思います??

実はですねぇ・・・サーボの修理なんかで使っている検査治具なんです。

サーボの修理を出す際に、サーボのハーネスを切って送ってこられる方がいらっしゃいます。

そんな時、サーボの動作確認をするのにハーネスを新品に付け替えちゃうと、時間がかかってしまうので、こういった治具を使って動作確認を行ったりしています。

使い方はこんな感じです!!



断線しているハーネスの被覆をケーブルストリッパーで剥がして、ワニ口クリップで挟みます。

簡単なお手製治具ですが、アフターサービスでは非常に役立つ便利アイテムです。

正直な話し、クイックリリースサーボが普及すれば、この治具を使うことも殆どなくなるんでしょうねぇ・・・

2013年9月27日 樽田の日誌 【その他】

液晶保護フィルムの貼り付け

こんにちは。

今日は液晶保護フィルムの貼り付け方を紹介しようと思います。

XG14に貼り付けようと思うのですが、XG14専用の保護フィルムはありません。

XG8用の保護フィルムが使えるので、そちらを用意します。



あとピンセットがあれば便利です。

では、始めます!!

まずは、送信機の液晶画面を液晶クリーナーでキレイに拭きます。



次に、静電気シートを液晶画面に貼り付けて剥がす事で、画面上の小さなホコリ等が取れるので、ホコリ等がなくなるまで繰り返して下さい。



ホコリ等がなくなれば、いよいよフィルムの貼り付けです。

画面の端から貼り付けていくのですが、指で空気を逃がしながら貼り付けると上手く出来ると思います。



最後に、表面の黄色いシートをピンセットで剥がします。

そうすれば、結構簡単に剥がせます!!



以上で、液晶保護フィルムの貼り付け完成です。

2013年9月25日 樽田の日誌 【使い方】

XG7の飛行機設定

こんにちは。

今日はXG7の飛行機モードで、エルロン・フラップを各2サーボにする設定方法を紹介したいと思います。

先に使用するチャンネルですが、受信機のAILEに右エルロン・GEARに左エルロン・AUX1に右フラップ・AUX2に左フラップを差し込んで下さい。

次に、送信機のSYSTEM LIST(ENTキー押しながら電源オン)のDEVICE SELを開いて下さい。

そして、AUX2チャンネルの入力装置をINH、AUX2 TRIM:INHにして、FLAPチャンネルはSYSTEM、FLAP TRIM:INHと設定して下さい。



次に、FUNCTION LISTのTRAV ADJを開き、GEARの数値を±0%と設定します。



そして、PROG.MIX5を開き、INHにダイヤルを合わして押し、チャンネル設定をAILE→GEARにして、RATEを上下+100%(このミキシングレートがギアチャンネルの舵角調整の変わりになります)となるように入力して下さい。



最後に、PROG.MIX6を開き、チャンネル設定をFLAP→AUX2にして、RATEを上下−100%となるように入力します。



XG7では、この2つのプログラムミキシングでエルロンとフラップが各2サーボで動くようにはなりますが、これ以上の複雑な動作をさせる事が出来ません。

色々な設定をされたい方は、XG8やXG11等の機種の方が機能も豊富なので、そちらを使用することをお勧めします。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。