ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索
402件中 176件〜 180件表示

2013年11月27日 樽田の日誌 【その他】

XBus対応プロポ

こんにちは。

少し前にXG6・XG8・XG11のバージョンアップファイルを公開しました。(9月末頃)

そのアップデートを行う事で、XBusの使用が出来るようになりました。

そこで、これから送信機を購入される方に知っておいて頂けたらと思う事を話します。

XBus対応にアップデートされている送信機には、こういうシールを送信機の箱に貼っています。



それを見て送信機がXBus対応の物かすぐに判断出来ますので、参考にして頂けたらと思います。

あと、もう一つ・・・

XBusは、送信機のプログラムだけが対応しても使用出来ません!!

必ずXBus対応の受信機が必要になります。

今の所(2013/11/27現在)RG731BXと言う受信機のみ、XBus対応しているので、その受信機との組み合わせで使用して下さいね。

2013年11月22日 樽田の日誌 【使い方】

GTUNEのピルエット補正

こんにちは。

前回GTUNE設定の話しをしましたので、その流れで今回もお話ししようと思います。

GTUNEには、ピルエット補正(安定した姿勢を維持する)機能があるのですが、補正方向の調整をする時に苦戦されている方がいらっしゃいます。

設定方法なんですが、GTUNEを開きオプション設定のSETTING1を出して下さい。

画面真ん中にピルエット補正とあるので、使用するにチェックを入れます。



まず、確認ボタンを押すとエレベータ方向にスワッシュが傾きます。(スワッシュはどちらに傾いても構いません)

ダウン方向に傾いた場合、機体を手で持ち上げ右ラダー方向に回転させるとエルロンが左側に傾いていくのが正常な動きです。

アップ方向に傾いた場合は、機体を手で持ち上げ右ラダー方向に回転させるとエルロンが右側に傾いていくのが正常な動きです。

もし補正方向が反対の場合は、GTUNEの補正方向反転にチェックを入れ、右上の書き込みを押して下さい。



ここで書き込みを押さないと、補正方向が反転しないので要注意ですよ!!

そして、再度確認を押してから補正方向の確認を行って下さい。

補正ゲインに関してですが、目安はF3Cで75・3Dで50くらいになります。



参考にして頂けたら嬉しいです。

2013年11月19日 樽田の日誌 【使い方】

GTUNEの設定値について

こんにちは。

TAGS01やTAGS MINIをお使いの方が結構増えてきていると思います。

そうなると、GTUNEの内部パラメーターの調整をされている方もたくさんいらっしゃると思います。

電話での質問などで、「パラメーターの数値はどれくらいにすれば良いですか?」と聞かれる事があります。

機体やサーボの種類など、機体毎に仕様が変わってくるので具体的な数値を出すことは出来ません。

ここでワンポイントアドバイスなんですが、パラメーターの数値を変える際は、標準値の1割ずつ変更してみて下さい。



それと、ゲインは1つずつ変更する事をお勧めします。

そうしないと、フライト特性が急激に変わり危険な状態になることがあるみたいです・・・

あと、パラメーターの数値を色々変更して、機体の動きに違和感が出て改善しない事があると聞いたことがあります。

そんな時は、パラメーターをリセットしてみるのが一番の近道だと思います。

是非、参考にして下さいね。



リセットした時はキャリブレーションを取り直す必要がありますので、気を付けて下さい!!

2013年11月15日 樽田の日誌 【使い方】

スロットルホールドの割り当て

こんにちは。

前回の日誌では、フライトモードの割り当てを紹介しましたが、今回はスロットルホールドの割り当て方を紹介します。

送信機は前回同様XG11を使用します。

スロットルホールド機能を有効にすると、初期設定では送信機左肩のHOLD SW(スロットルホールドスイッチ)でON・OFFの切り替えを行うようになっています。

それを、右肩のFMOD SW(フライトモードスイッチ)のポジション1・2でスロットルホールドが有効になるようにしたいと思います。



まずは、送信機の電源を入れてLST(リストキー)を押しFUNCTION LISTを開いて下さい。



1/2ページのTHRO HOLD(スロットルホールド)にダイヤルを合わせて押すと、ALL SERVOS HOLD?と出ますのでYESを押して入って下さい。

そうすると、画面左上にINHとあるのでダイヤルを合わせて押しACTにして下さい。



次に、画面右の方にSW SELとあるので開いて下さい。

HOLDの1がONになっているのでそれをOFFにして、FMODの1と2をONに変えて下さい。



設定は以上です。

これで、スロットルホールドの切り替えスイッチをHOLD SWからFMOD SWに変える事が出来ました。

LIST(リストキー)を押すと前の画面に戻るので、スイッチを動かして画面上のON・OFFが切り替わるかの確認を忘れないようにお願いしますね!!

2013年11月13日 樽田の日誌 【使い方】

フライトモードスイッチの割り当て

こんにちは。

お客様からのご質問を1つ紹介しようと思います。

JRの送信機でヘリモードを使用する場合、送信機右肩のフライトモードスイッチでフライトモードを切り替えるようになっています。

フライトモードの切り替えスイッチの場所を、左肩のラダースイッチに割り当てたいという質問がありましたので操作法を説明しようと思います。



送信機は、XG11を使用します。

まずは、システムリスト(エンターキー押しながら電源オン)の1/2ページにDEVICE SELがあるので開いて下さい。

画面左側にFLIGHT MODEとあり、初期設定だとスイッチの割り当てがFMOD SW(フライトモードスイッチ)となっています。



FMOD SWにカーソルを合わせてダイヤルを押すとスイッチの選択画面が出ます。



ここで、RUDD SWを選択して下さい。



これだけの設定で、フライトモードスイッチを切り替える事ができました。

今回は、XG11をベースに説明しましたが、XG8やXG14、DSX11等でも同じ設定手順で変更する事が出来ます。

フライトモードスイッチの場所を変更したい方は、是非設定してみて下さい。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。