ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌 > 複葉機でエアブレーキの設定 その2
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索

2014年3月20日 樽田の日誌 【使い方】

複葉機でエアブレーキの設定 その2

こんにちは。

今日は、前回お話しした複葉機でエアブレーキの設定 その1の続きで、エアブレーキの設定のお話し(下翼を下げて、上翼を上げる設定)をします。

エアブレーキはFLAP SW(フラップスイッチ)で操作し、FLAP SWがPOS0(上側)とPOS1(真ん中)の時そのままで、POS2(下側)でエアブレーキがかかるようにしたいと思います。

まず、ファンクションリストの1/2ページにあるFLAP SYSTEMを開き、FLAPのLANDに数値を入力して下翼を下げる角度を調整します。



この設定だけでは、下翼しか動かないので、プログラムミキシングで上翼のサーボも跳ね上がるようにします。

ファンクションリストの2/2ページにあるPROGRAM MIX2を開き、ALL SERVOS HOLD?の表示が出たらYES(クリアキー)を押して下さい。

チャンネル設定をFLAP→FPRNにするのですが、→の左側のTHROを選択しMASTERでFLAPを押すとMASTER-INCLUDEの画面が出てくるのでTRIMはOFF、FLAP SYSはONにして下さい。



次に、SW SELを開きFLAP(スイッチ)の設定で0.1.2とあるので2の右横が1になるように設定して下さい。



そして、ミキシングレートの設定でPOS1のD:○%の数値を−(マイナス)側で入力して頂きたいのですが、機体を見ながらサーボの上げ角を設定して下さい。



今回のお話しはこれで終わりです。

<<前の記事へ戻るトップ次の記事へ進む>>

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。