ホーム > サポート > 樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌 > TAGS MINIのゲイン調整チャンネル
樽ちゃん 山ちゃんのサポート日誌
AND検索 OR検索

2014年3月14日 樽田の日誌 【その他】

TAGS MINIのゲイン調整チャンネル

こんにちは。

今日は、TAGS MINIのゲイン調整チャンネルに関係するお話しをしようと思います。

TAGS MINIは、もともとFORZA450(450クラス)のパラメータ設定となっています。

なので、大きな機体に搭載する場合、TAGS MINIの内部パラメータをTAGS01にリセットする必要があります。



その時、注意して頂きたい事があります!!

その設定場所は、タイトルにもあるゲイン調整チャンネルです。

オプション設定のSETTING2を開くと、ゲイン調整チャンネルの設定項目が出てきます。

ゲイン調整CHを見ると、AILE・ELEV・RUDDの設定が全てINHになっています。



TAGS01のパラメータは、完全にノーマルモードとスタントモードを分けて設定しているので、チャンネルの割り振りをしないとスタントモードに入れません。

なので、ノーマルモードとスタントモードを切り替わるようにチャンネル設定しないといけないんです。

もし、TAGS01の5chモード(1つのジャイロ感度で3軸の感度を切り替える)で設定する場合、ゲイン調整CHを全てGEARに変更します。



そして、画面右上の書き込みをクリックすると「TAGSにこのパラメータを書き込みますか?」と出るので、「はい」をクリックして下さい。



これで、OKです。

もしジャイロ感度をAILE・ELEV・RUDDで別々に調整する場合、以前サポート日誌で紹介したものがあるのでそちらもご覧下さい。

TAGS MINIの7chモード

<<前の記事へ戻るトップ次の記事へ進む>>

プロフィール

樽田
ラジコンサービス課の樽田(たるた)です。
サポート日誌も始めて4年が経ちました。
後輩も出来て不安な事もたくさんありますが、試行錯誤しながら日々頑張っています。
山野
2013年の6月にJRプロポに入社した山野と言います。
ラジコンサービス課に配属になり、1からラジコンの事を勉強しています。
まだ二十歳の若輩者ですが、早く先輩方に追いつけるように一生懸命頑張ります。