CLOSE

DSMJ 2.4GHz帯 使用時の注意点

送信機アンテナの向き

障害物をはさんだ状態での操作

受信機アンテナの向き

2.4GHz帯は性質上、指向性の強い電波のため、送信機のアンテナの向きによって出力が大きく異なります。アンテナの先端ではなく、側面から強く出力されているため、ラジコンを操縦する際にはアンテナの向きに注意してください。

2.4GHz帯の電波は強い直進性を持つため、ラジコンと操縦者の間に障害物があると電波が遮蔽される可能性があります。必ず見通しの良い場所で利用してください。

ヘリコプターや飛行機の操縦中は、機体があらゆる姿勢となります。より確実に安定した通信をするため受信機(RD1231、RD931、RD731)に接続されているエクストラアンテナ(EA131)の向きに注意しながら設置してください。

安全に楽しむために守るべきルール

ラジコンの2.4GHz通信には、必ず日本の電波法規定に適合した製品を使用してください。

JR PROPOの国内向け製品等、日本国内での使用に適合した製品には、必ず(財)日本ラジコン電波安全協会の標準規格適合シールが貼付されています。海外仕様の輸入製品や国内認可のない2.4GHz製品を日本で仕様した場合、混信や事故を招いたり、業務用無線局等に混乱が生じる可能性があり、大変危険です。同時に、日本の電波法に違反する犯罪行為(懲役1年以下又は100万円以下の罰金)となりますので、国内では絶対に使用しないでください。

※ 各アンテナは効率的な受信のために、最低30cm以上離して設置することを推奨します。 詳しくは「DSMJ 2.4GHz 簡単セットアップ」をご覧ください。

RCK (財)日本ラジコン電波安全協会 標準規格適合シール