ホーム > ダウンロード > 28Xバージョンアップファイル ver.0001-0005

DOWNLOADS

28Xバージョンアップファイル
ver.0001-0005

ZIPファイル

イメージ

ソフトウェアバージョン「VER.0001-0004」に重大な不具合が確認されました。
同ソフトウェアでご使用中のユーザー様は直ちに「VER.0001-0005」へのアップデートをお願い申し上げます。

不具合の詳細につきましては、こちらでご確認ください。



[対応機種] 28X
[バージョン] VER.0001-0005
[更新日] 2015年12月16日



バージョンアップガイドを必ずお読みください。
ソフトウェアバージョンアップガイド

※バージョンアップを行う前にモデルデータのバックアップをお勧めします。


【修正・変更内容】
  • モデルデータの一括バックアップ及び復元機能を追加。
  • プログラムミキシングで同じ「チャンネル番号」へのミキシングを禁止(安全の為)
  • スロットルカーブとピッチカーブに現在のフライトモードの表示を追加。
    (但し、複数エンジンの場合はエンジン選択を表示。)
  • スイッチセレクトの「フライトモード」や「アナログポジション」で選択できないものはグレーアウト表示するように改善。
  • スイッチセレクトの「ロジック」が「ON」もしくは「OFF」の場合に注意喚起の為に"赤色"で表示するように改善。
  • トラベルアジャストの設定が150%より大きい場合、注意喚起のため"赤色"に表示するように改善。
  • カレントモデルのタイプで使用できないアプリをホーム画面から起動した場合、エラーメッセージ表示を追加。
  • ソフトウェアアップデート時の電池残量チェックシステムの改善。
  • スペイン語とフランス語を追加。
  • システム強制リセット機能を追加。(電源スイッチをONにしLEDがオレンジに点灯している間に素早くもう一度押すとシステムが再起動します。)
  • トリムシステムでアナログトリムがトリムグループに対応。(SW_SELでアナログトリムがOFFの場合、以前のトリム値が残るようになりました。)
  • 飛行機のトリムグループの初期値を従来機種の「FMOD TRIM:COM」と同じ動作になるよう変更。(以前のバージョンで作成したデータでフライトモードを追加した場合はトリムグループの設定が異なります。追加後は必ずトリムグループの設定をご確認ください)



【注意】
バージョンアップ用ファイルは「.exe」形式(自己解凍式)のため、OSのセキュリティーやウィルスチェックソフトの設定により解凍できない場合があります。


【バージョンアップ告知】
今回のバージョン「VER.0001-0005」ではモデルデータの一括バックアップ機能を追加しています。次回のバージョンアップ(16年1月予定)では「モデルデータをすべて消去」ため事前にバージョンアップすることをお勧めします。



モデルセレクトのコピー・削除(PDF | 310KB)

市販のSDカードでは正しく動作しない場合があります。JR純正SDメモリーカードの使用を推奨。

[バージョンアップ履歴]
28Xバージョンアップファイル Ver. 0001-0002
28Xバージョンアップファイル Ver. 0001-0001

プロポソフトウェア


管理ID:d0428   更新日:2015.12.16